スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      
      

5月15日(日)支部稽古&大会審判参加

指導者の皆様、支部の稽古指導ありがとうございました。
私の方は8月に行われる全小大会の県予選会に審判参加して来ました。
さすがに子供たち小学生の最高峰の大会である全小大会の予選だけあって形も組手もハイレベルな試合でした。
午前中の形競技が終わり、食事が終わって会場に戻る途中で見かけた風景が強烈でした。
ある男の子、小学2,3年くらいだったでしょうか。
その男の子のお父さんか、あるいは指導者だったのかは定かではありませんが、廊下でかなりの感じで気合いを入れていました。
午後の組手競技に向けて気合いを入れていたのでしょうかね。
その子は直立不動でジッと涙をこらえて聞き入っていました。
それを見て、ああ、やっぱりこれくらいの大会に出て来る子はこれくらいじゃなきゃとても通用しないんだろうなと思いました。
そんな風景を目にしたせいか、午後からの組手は1年生や2,3年生の組手を担当しましたが、負けん気がハンパじゃないですね。
ファイトむき出しの組手を見せてもらいました。
中には、裏回し、裏回し、後ろ回し蹶りの3連続攻撃など、ハイテクニックの技も見せてもらいました。
ん〜まだまだうちはこの子たちにはかなわないなというのが正直な気持ちでした。
また、今日は今までの組手審判の経験史上(大袈裟か・・・)最大の経験と言うか試練を経験しました。
あ〜、帰りの道すがら、ずいぶん凹んだなあ・・・。
ま、それは今度支部の審判練習で水平展開します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

支部長

Author:支部長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。