スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      
      

9月19日(土)土曜稽古

支部稽古の流れは通常以下の様になっている。
準備体操の後、朝一での稽古の場合はここからウォーミングアップを兼ねたラダートレーニングに入る。
ここで十分に体をほぐしてから全員での全体稽古に入る。
ここでは早くやる必要は全く無く、目的は正しいかたちの確認だ。
ゆっくりと、正しい立ち方、受け、突き、蹴りなどを自分自身で確かめながらやることが最大の目標である。
全員で同じことをやるが、初心者、中級者、上級者、それぞれが追い求めるものは違う。
初心者は立ち方・受け・突き・蹴りを見よう見まねでやるレベル、中級者はそれぞれの技をもう少し正しく出来るようにするレベル、上級者はそれら全てを完璧にやることを目指してやる。
同じことをやっていても、意識の持ち方で効果は全然変わって来るものだ。
これが終わると、ここからはグループに分かれての稽古に入る。
大体は、初心者、中級者、上級者の3つのグループに分かれてそれぞれの稽古を行う。
指導者もそれぞれの受け持ちは大体決まっているが、指導者の人数が足りない時、またはたまに受け持ちのローテーションを行うこともある。
と言う訳で、今日の私の受け持ちは初心者グループであった。
上級者グループは黙っていてもやってくれる。
中級者グループも何とかこちらの言うことを理解してやってくれる。
しかし・・・、この初心者グループは一筋縄ではいかない。手強い相手である。
なにしろ相手は右も左もまだよく分からない幼稚園生などの小さな子だ。
空手をやっていると言うよりも、「ここはどこ?わたしはだあれ?」状態である。
いやいや、今日はいつもの上級者グループの指導よりも2倍も3倍も疲れた。
しかし、誰でも最初はこんなものである。
半年、一年もするといつの間にか空手らしい動きになって来るから不思議だ。
子供のひとつの特技に順応性と言うのがある。
どんな色にも染まることが出来ると言うこと。
きれいな色に染めてあげるのが我々大人の努めかな・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

支部長

Author:支部長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。