スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      
      

6月12日(金)の独り言・・・。

子供たちの稽古でいつも感じるのは拳をしっかりと握れていない子が多いと言うこと。
これが、我々大人でも難しいと感じる後屈立ちの後ろ足重心などが出来ないのならまだ分かるが、ジャンケンのグーをするくらいは簡単に出来るだろうと思うのだが、なぜ出来ないのだろう?
幼稚園生や小学1・2年生くらいの子が出来ないのならまだしも、もう5・6年の高学年となった子でも握れていない子が見受けられる。
これもやはり子供の特性である神経系統の未発達なところに由来するのかな。
自分では握っているつもりでも実際は握れていないと言うことなのだろうか・・・。
私的にはそんなことは無いと思っているが、茶帯を締めている子の拳が向こうが見えるほど隙間が空いているのを見ると、ちょっとなあと思ってしまう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

支部長

Author:支部長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。