スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      
      

6月7日(日)日曜稽古

一日遅れのブログ更新です。
昨日も、稽古始めにやる全員での基本稽古をゆっくりと正しいかたちを意識してやってみました。
習い始めやまだ小さな子、また初心者にはこの稽古方法が一番いいのではないかと思っています。
空手の技と言うのは二つも三つも違うことを同時に行わなければなりません。
立ち方、受け、突き、蹴り、これらを同時に正しくと言うのは小さな子にはとても難しいのだと思います。
まずは正しいかたちや動作と言うのがどういうものかを頭の中でひとつひとつ確認しながら反復練習して行くのが一番効果があるのではないでしょうか。
実際、随分前になりますが、全日本選手権の形競技で5連覇した選手が、私が審判を努めた実業団の試合の時に、始まる前にやっていたのはこのゆっくりと形の動きを確認しながら行なう動作でした。
このゆっくりとやる動作の対象としては、初心者はもちろん、小さな子や白帯から緑帯くらいまでの子まではこのやり方がベストではないかと思います。
この動作の目的としては特に途中動作を意識させると言うことです。
早くやる動作とこのゆっくりとやる動作には全く違いは無いと言うことをまずは意識してもらいたいと思います。
つまり、例えば追い突きを例に取り上げても、前屈立ちから後ろ足が前足の位置に来た時はその前足と同じヒザの曲げ具合となっていること、これにより、いわゆる上下動が無い移動が出来る訳です。
もうひとつ例を上げると、方向を変える時の動作です。
子供たちに多いのは回って立ち方が決まってしまってから改めて受けの構えをして受ける子が多いですが、正しくは回っている途中で受けの構え(準備動作)をして、回りきって立ち方が決まった時には同時に受けが決まっていなければなりません。
これらを早い動作ではなく、ゆっくりと(回る動作では途中で受けの構えで止まるくらいのつもり)確認しながらやることで、正しいかたちが身に付き易いのではないかと思っています。
指導に当たってくれる指導者の方達にはこれらを考慮して指導してくれればありがたいです。
さて、空手と同じくもうひとつの格闘技であるボクシングのチケットが手に入ったので、稽古が終わった後で夕方からS先生と見に行きました。
有名な選手は出ていませんでしたが、4回戦の試合はほとんどがKOで決まって面白かったです。
勝った選手には盛大な拍手が送られますが、負けた選手にも惜しみない拍手が送られます。
この競技は自分でやらなくてもどれだけ苦しいかがよく分かるし、実際の試合で打たれるダメージや3分間を何ラウンドも戦わなければならないのはスタミナと強い精神力が無ければ出来ません。
また、試合そのものも苦しいけど、もっと苦しいのはその試合を迎えるまでの減量の苦しさです。
このあたりについては自分自身が経験して来ているのでよく分かります。
それゆえ、勝ってレフェリーから手を挙げてもらった時には天にも昇る気持ちになったものです。
もうそんな選手としての苦しみなどはとうに忘れてしまい、今は一観客として楽しみながら見ていますが、もうひとつの楽しみがラウンドガールの可愛い女性たちを見ることでしょうか。
昨日も各ラウンド毎に4人の可愛い子がラウンドを知らせるプラカードを持ってリングに上がって愛嬌を振り撒いていました。
それとは別に、S先生が熱くなるのには驚きました。
「オラ!、行け!」、「ワンツーだ、ワンツー!」・・・と隣でヤジりまくっていました。
私はと言えば、・・・ずっとドン引き状態でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

支部長

Author:支部長
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。